仕事中は体臭を抑えるためにこまめにデオドラントスプレーを利用しよう!

介護の仕事をしていて、身体介助の時に利用者様と密着する事がしばしばあります。ただでさえ仕事中は動き回り、汗をかく仕事なので臭いが気になりますが、スプレーすれば体臭を隠せるので、身体介助で利用者様から嫌がられる事はありません。

また、利用者だけでなく仕事の同僚や利用者のご家族と話をする時に臭いを気にせずに話せるので、デオドラントスプレーがあると周りの人が嫌な思いをせずに済みます。

さらに自分も体臭を気にせずに仕事に集中できるので仕事を効率的にこなせますし、通勤中の混む電車の中でも他の人の目を気にせずに乗れます。

すぐに体臭対策ができ、爽快感がある事

デオドラントスプレーはただ吹きかけるだけなので、簡単に素早く体臭が隠せます。

まず仕事に行く前の忙しい朝に、着替えの前に吹きかければ電車の中の臭い対策になります。

次に職場に到着し、着替える時に吹きかければ利用者様やその家族、同僚に臭いで迷惑をかけません。すぐに体臭を消せるのがメリットです。

また、仕事は忙しく、デオドラントクリームをのんびり塗っている暇はありませんが、スプレーなら一吹きで瞬時に対策できるので時間がかかりません。トイレにいくついでにデオドラントスプレー、休憩中にデオドラントスプレーと、素早く対処できるのが良いです。

さらに臭い消しと同時に爽快感を感じ、汗をかいた後は気持ち良いのもメリットです。

体臭と汗がひどくなって仕事にならない

仕事は力仕事で、汗をかきます。しかも高齢者向けの空間にするために、室温は夏でもそこまで低くしません。そのため汗をかかない訳にはいかず、デオドラントスプレーがないと体臭はどんどん汗で臭くなります。

体臭が酷くなると、利用者様から介助を嫌がられます。抱きかかえて椅子から椅子に利用者様を移す時は、密着して体全体を使うので体臭が酷いのはダメなんです。最悪野場合はクレームになりますし、あの人には介助して欲しくないと思われてしまいます。

また、体臭が臭いとエチケットがどうなのかと利用者様のご家族から施設全体のマナーに不信感を与えてしまいます。人を預かる私達は、ご家族の方が安心して預かれる空間を作るために、体臭は酷くなってはいけないのです。

臭う前にデオドラントスプレーをかけておくのが最大対策方法

臭くなったと感じたらすでに周りに迷惑をかけているので、体臭が酷くなる前になるべくデオドラントスプレーで体臭が臭くならないように気をつけています。臭いと自分が嫌な気持ちになり、臭さがバレてしまうのではないかと仕事に集中しにくくなります。

臭う前に体臭対策をするため、出掛ける前、仕事をする前と何かをする前にデオドラントスプレーを利用していたす。

また、デオドラントスプレーは簡単で瞬時に利用できますが、それでも仕事中の利用はそう頻繁にできないので、なるべく忙しくなる前に体臭対策を済ませておきたいと思い、臭う前にデオドラントスプレーを利用しています。

そして、デオドラントスプレーがなくなってしまう前に買い置きをしています。